カトリックとプロテスタントの葬儀費用の違い

カトリック教会とプロテスタント教会の葬儀費用の違いを比較。

 

カトリック教会とプロテスタント教会での葬儀費用の違いを解説させていただきます。

 

クリスチャンの前夜式・告別式を、教会の会堂(聖堂)で行いたい方へ。

カトリック教会での葬儀費用

カトリック教会での葬儀費用は、金額が決められていることがほとんどです。一日での葬儀なら100万円、二日での葬儀なら150万円が相場です。

 

カトリック教会の葬儀は内容が独特であるために、その流れを熟知している指定の葬儀社がいて、喪主様やご遺族が選んだ葬儀屋で対応してもらうというのは受け入れられないことが多いです。

イグナチオ教会での葬儀費用

実際に、フィリピン出身のカトリック信者の女性が、四谷にあるイグナチオ教会での葬儀費用が高いということで、「キリスト教葬儀ガイド」の葬儀社で対応してもらえるように神父様や事務スタッフに交渉を試みたのですが、断られてしまいました。

 

ご親戚やご友人からお金を借りて、一日葬を100万円でしていただいたようです。

 

カトリック教会での葬儀社の例外

一度だけ、喪主様が熱心に交渉をした結果、「キリスト教葬儀ガイド」でカトリック教会での葬儀業務を担当させていただいたことがありました。

 

故人様はもちろん、奥様や3人のお子様も洗礼を受けているカトリック信者で、参列者も多い立派な葬儀でした。

 

カトリック教会での葬儀費用の相場

 

 

ただし、式が終わった後に事務スタッフの方から、「今後は、このような例外は無いと思って下さい」とご忠告を受けました。

 

やはり、このような例外的なケースは珍しいようです。

プロテスタント教会での葬儀費用

プロテスタント教会での葬儀の場合は、葬儀社や料金プランを自由に選べることが多いです。

 

たとえ、教会と長く付き合いのある葬儀社がいたとしても、そこを選択することが必須ではありません。

 

また、葬儀社の選定は牧師先生にお任せしたとしても、料金プランには幅があるので、自分たちの経済状況や葬儀の規模に合わせて葬儀費用を決めることができます。

キリスト教葬儀ガイドの葬儀費用

「キリスト教葬儀ガイド」では、ご遺族が自分たちの希望に合わせて葬儀を行えるように、格安プランから立派なお葬式まで柔軟にご対応させていただきます。

 

プロテスタント教会を中心に、1000件以上の教会での葬儀社業務の実績がありますので、安心してお任せ下さいませ!

 

教会での葬儀費用を見積もり

関連ページ

キリスト教式での一日葬(前夜式を行わず告別式と火葬式のみ)
キリスト教式での葬儀を、一日葬として行うことも可能です。前夜式を行わず、告別式と火葬式のみを行うプランです。親族やごく親しい友人のみでの小規模な家族葬をご希望されている方に多いスタイルです。
キリスト教式での二日葬(前夜式、告別式、火葬式をすべて行う)
キリスト教葬儀は通常、前夜式も含めて二日にかけて行われます。参列者に昼間働いている社会人が多い場合には、仕事帰りに参列していただけるように前夜式を行います。ですから、二日葬の場合は、前夜式の方が参列者が多く、昼間の告別式は家族や親族とごく親しい友人のみとなることが多いです。
東京都でのキリスト教葬儀の費用のお見積もり(値段・代金)
東京都でのキリスト教葬儀の費用のお見積もり(値段・代金)。キリスト教葬儀ガイドでは、火葬式16万円、一日葬30万円、二日葬35万円の葬儀社料金(税抜)でご対応可能です。
神奈川県横浜市にある教会でのキリスト教葬儀費用
神奈川県横浜市にある教会でのキリスト教葬儀費用。横浜市にお住まいの方より、教会堂でのキリスト教葬儀をご依頼いただきました。末期ガンで闘病中のお父様は、若い頃に北陸の教会に通っておられ、高齢になって横浜の老人施設に入ってからは教会とのつながりが無くなってしまいましたが、「葬儀はキリスト教式で行って欲しい」との願いを家族に告げられました。
千葉県木更津市にある教会でのキリスト教葬儀費用
千葉県木更津市にある教会でのキリスト教葬儀費用。千葉県にある教会に所属されている方より、教会堂でのキリスト教葬儀のご依頼をいただきました。旦那さまからのご依頼で、奥様が先に召されました。学生時代から共にキリスト教の教会に通い、長年、ご夫婦で信仰生活をされて来られた方々で、愛着のある教会堂で告別式をしたいとのご要望でした。