キリスト教葬儀の費用|特別料金

キリスト教葬儀費用

 

東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県に限定して、特別料金プランをご用意させていただきました。

 

教会や公営斎場、葬儀会館、あるいはご自宅での家族葬など、クリスチャンのお葬式、告別式の葬儀代金。

 

キリスト教葬儀社の料金や費用の相場。キリスト者メモリアル礼拝の主要なお金は、牧師や奉仕者への献金、教会使用値段、納骨堂などです。葬儀会社は、お体の移送から斎場の申し込み、告別式の申し合わせまで一切を請け負います。施工主は、メモリアル礼拝の全部を用意し、必要経費を受け持つというきつい苦労があります。キリスト教信仰者式で葬送を行いたいが、お寺の墓に入れるのか?遺骨を埋葬し直したいのだけど、金額が少ない方法は?キリスト教弔い相談対応では、御墓の見積もりや埋葬も支援しております。

 

キリスト教葬儀社の基本セット内訳、詳細を資料請求して書面で確認。葬送に費やす料金が高すぎるので、削減したい。1980年代の時世には告別式の金額に高額料金を費やしても、最近では異なる。葬儀業者の人間は、商売のトークで私たちの不運に乗じてくる。家族のお財布の様相や信仰事情に合った追悼式を執り行うには何をすればいいのか?。付けたしの葬送を不要の、一切合切の弔い代金を認識するには?。パンフレットを送ってもらい、便でかかる金額を確かめてください。ほねを引っ越したい。お値段が抑えられる手段は?葬礼相談受付では、御墓の手配や埋葬もご協力させていただきます。我が国の葬礼は、ものすごく値段が高いなので注意が必要。

 

キリスト教葬儀にかかる費用には、@葬儀社料金、A式場料金、B火葬料金、C牧師謝礼があります。

 

「キリスト教葬儀ガイド」限定プランでは、葬儀社料金が、一日葬30万円、二日葬35万円にて、クリスチャンのスタッフによるキリスト教専門葬儀社が奉仕させていただきます。

 

また、ご希望の式場や火葬場に応じて、葬儀費用の総額を事前にお見積りさせていただきますので、ぜひお問い合わせ下さいませ。

 

キリスト教葬儀。キリスト教葬礼の感想。母親のためにクリスチャンお見送りを家にて執り行いたい、とのご要請を娘からいただきました。以前に息を引き取ったご主人は忠実に聖日礼拝へ参加されていて、お母さんも同伴して聖日礼拝に行くこともよくあったそうです。ご主人が他界してから、熱心に神さまの御言葉を勉強するようになったそうです。牧師から洗礼を授かったわけではなく、教会に入会していたわけでもないですけれども、母君のために本物の聖職者にお祈りしていただきたいとのご要望をいただき、家で教会員葬礼を施工させていただきました。

 

基本パッケージで施工する生花祭壇|キリスト教葬儀費用

「キリスト教葬儀ガイド」の基本パッケージにて施工する生花祭壇は、下記の3タイプから1つをお選びいただくことができます。

 

キリスト教葬儀。母上のキリスト教信仰者お見送りを、ご子息からご依頼受けました。85才であられる母親は、およそ四十数年前にアメリカのバプテスト教会で洗礼を授かったようです。けど、帰国してからは和の雰囲気のチャーチが合わず、あまりチャーチへ参加することはしなかったようです。コンディションが悪化して入院してから、万が一の時にはキリスト教式で行って欲しいと願いを託され、ご長男様が決断したそうです。

 

キリスト教葬儀。基督教追悼についての体験談。母君のための基督教弔いを実家で執り行いたい、とのご依頼をご令嬢から受けました。以前にお亡くなりになられた父親は毎週チャペルへ行かれていて、お義母さんも同伴して聖日礼拝に参加することもよくあったようです。旦那さまが亡き後、熱心にバイブルの福音を学ぶようになったとおっしゃっていました。水の洗礼を授かったわけではなく、教会に加入していたわけでもありませんけれども、母親のために本物の神父が祈祷していただきたいとのご依頼を受け、実家で基督教メモリアル礼拝を開催させていただきました。

 

キリスト教葬儀。基督教追悼窓口受付の密葬は御通夜を省きます。順序は簡素ですが、奉仕者が親身になって提供します。最初にクリスチャンメモリアル支援窓口にお電話ください。召されたエリアに霊柩車でお迎えに参ります。続いて、御家族の皆さまと納棺をさせていただきます。葬儀場に移って、亡き人をお別れします。

 

 

火葬式で飾るお花は、下記のような花束となります。
キリスト教葬儀。司祭が御遺族をお導きします。召された方の生前の生活に感謝し、祈りを捧げるようにします。宗教者が的確な神さまの御ことばを取り次ぎます。逝去した方をお見送りして、想い出を分かち合います。教会員告別式相談受付の一日葬は、お食事のプランを用意します。ファミリー葬は、お通夜と葬儀式を開催します。華麗なお花の装飾を作って、親族と共に故人を告別します。

追加サービス|キリスト教葬儀ガイド

ご希望に応じて、オプションサービスを承ります。

生花装飾の追加

棺の上にお飾りする花束を、十字架花や棺の中をいっぱいにするタイプへ変更することも可能でございます。

 

+1万5千円

キリスト教葬儀。宗教者はご遺族に寄り添い斎場に赴きます。一般葬儀は会社の上司やご友人を訃報します。クリスチャンの記念会で聖書を語る司式者の派遣のみでも大丈夫です。界隈の葬祭場に申し込んでいるが、司式は確かなパスターにお願いしたいという喪主様に。ベテランのバイオリニストによる音楽のお葬式。

+3万円

キリスト教葬儀。キリスト教信仰者葬祭のおもな代金は、聖職者やオルガン奏者への御礼、設備活用費用、納骨堂であります。葬祭業者は、遺骸の輸送から火葬場の準備、メモリアル礼拝の申し合わせまで一切を行います。施工主は、葬式の一切を用意し、代金を負担するという大変な労苦があります。教会員式場に追悼式をしたいが、お寺さんのお墓に埋葬できるのか?お骨を引っ越したいのだけど、値段が激安な方法は?キリスト者記念会電話対応では、おはかの見積もりや改葬もご協力させていただきます。

 

生花祭壇のデザイン変更

生花祭壇のデザインをご変更されたい場合には、ご希望に応じて様々なデザインの生花祭壇をご用意させていただくことができます。

 

+10万円

キリスト教葬儀。お骨を改葬したい。金額が激安な仕方は?葬祭支援受付では、墓石の紹介や建立もお手伝いさせていただきます。私たちの国の弔いの方法は、とても費用が割高ということが認知されている。

 

キリスト教葬儀。追悼式に必要なコストが割高であるので、下げたい。1980年代の時期には葬祭の値段に多大な金額を支払えても、現代では変化した。葬儀屋さんの担当者は、ビジネスの話し方でこちらの災難に乗じてくる。家族の経済性の様相や宗教事情に合わせた葬式を行うには何をすればいいのか?。オプションの代金が要らない、総じた追悼代金を確認するには?。会社案内を依頼して、文章で必要経費を理解してください。

 

+15万円

キリスト教葬儀。基督教追悼の評判。お母様のために基督教弔いを邸宅にて施工して欲しい、というご注文をお嬢様から仰せつかりました。数年前に召されたお父上は忠実にチャペルにご出席していて、母上も同伴して教会にいくことも頻繁にあった。旦那さまがご逝去されて、よくバイブルの福音を読むようになったようです。水の洗礼を受けたわけではなく、チャーチに属していたわけでもありませんけれども、お義母さんのために正式なパスターが祈祷していただきたいとのお問い合わせを仰せつかり、住宅にてクリスチャン告別式を開催させていただきました。

 

キリスト教葬儀。遺骨を埋葬し直したい。値段が安い方法は?告別式援助センターでは、共同墓地の案内や納骨も支援しております。我が国の葬礼は、すごく代金が高いということが注意が必要。

 

キリスト教葬儀。基督教追悼の口コミ。母親のキリスト者追悼をご自宅にて施工して欲しい、とのご要望をご長男より仰せつかりました。すでにご逝去されたお父様は忠実に聖書勉強会にに行かれていて、お母さんも共に聖日礼拝に行くこともよくあったようです。ご亭主が召されてから、熱心にバイブルを読むようになったそうです。洗礼を受けたわけではなく、宗教団体に所属していたということでもありませんけれども、母君のためにチャーチの牧師に祈って欲しいとのご要望を受け、住居にてクリスチャン弔いを施工させていただきました。

 

 

+20万円

 

キリスト教葬儀。お母さんのキリスト教信仰者葬儀を、ご子息からご注文いただきました。85才でおられるお母さんは、ほぼ40年前にアメリカ合衆国で牧師に洗礼を受けたそうです。けれども、帰国後は日本のチャペルに馴染めず、頻繁に教会組織に出席することはしなかったようであります。コンディションが悪くなって入院してから、最期はキリスト教葬儀をしてもらいたいと言われ、娘さまが決めたそうです。

 

キリスト教葬儀。クリスチャンの葬儀を希望しているけれども、寺門のお墓は改葬が必要か?遺骨を移したいのだけど、金額が安い手段は?キリスト教追悼援助受付では、墓地のお手配や納骨もサポートしております。追悼式にかかる費用が高額ので弔い式に安くしたい。バブルの時代には葬礼の儀式の費用に多額を用いても、近ごろでは変わっている。葬儀社のスタッフは、商業的な話し方で遺族の不幸せにつけこんでくる。自分のお財布のあり方や信仰事情に応じた弔い式をするにはどうしたらいいのか?。オプションの代金が一切ない、トータルの葬送費用を知るには?。書面を依頼して、書簡でかかる金額を確かめてください。

 

 

+24万円

 

キリスト教葬儀。一般葬は職場の仲間や知人を参列者に呼びます。教会員のお見送りでお説教をする司祭の派遣だけでも対応します。界隈の葬儀場に申請しているけれども、司会者はベテランの神父に依頼したいという方へ。プロの演奏者による讃美歌での葬儀。

 

キリスト教葬儀。基督教葬送の主要なコストは、司祭やオルガン奏者へのお礼、設備使用金額、共同墓地などになります。葬儀屋は、亡骸の運送から式場の予約、記念会の申し合わせまで全部担当します葬送の喪主の方は、追悼の一切を取りまとめ、代金を出すという負担のかかる仕事があります。電報サービスは、扱いやすさが良いので、至便です。

 

 

+30万円

 

キリスト教葬儀。牧師が親族を道案内します。息を引き取った生前の生活に感謝し、祈祷をすることをします。宗教者が似合わしい聖書のみ言葉を告げます。召された方を告別して、語り合います。教会員葬祭援助センターの一日葬は、会食の時間を設けます。家族葬は、前の夜の式と追悼式を行います。確かなお花の装飾を制作して、近親者と故人を偲びます。奉仕者はご親族と共に告別の場に同行します。

 

キリスト教葬儀。キリスト教信仰者追悼電話対応の火葬は半通夜を省略します。中身はコンパクトですが、司式者が親身になって行います。先に信奉者追悼増援対応に連絡してくださいますように。召された老人ホームに寝台車で輸送に参ります。続いて、関係者の皆さまと棺に納めることを致します。葬儀式場に行動して、召天者をお見送りします。

 

キリスト教葬儀。お父上のためのクリスチャン弔いを、ご令嬢からご依頼受けました。ご高齢で亡くなったため、親しい方はだいぶ前に召天されているので、遺族や親族だけでの基督教葬式をご依頼くださいました。お父上もご遺族も、特定の教会組織には属していないようですが、信仰はあり、ホームチャーチにてご家族と心を合わせて聖日礼拝することがたびたびおありだったようです。父親がイエスさまを信仰して息を引き取ったわけですから、ご家族は傷心はありながらも、天に召されたということを信じて安心しているようでした。

 

キリスト教葬儀。母君のためのクリスチャンメモリアル礼拝を、長男様よりご注文受けました。ご年配のお母様は、おおよそ四十数年前にアメリカ合衆国で水の洗礼を授かったそうです。しかし、帰国後は和の雰囲気の教会組織に馴染めず、さほど教会へ参加することは多くはなかったようであります。体調が悪くなって病院に入ってから、葬儀はキリスト教葬儀を行って欲しいと希望され、ご令嬢が親族で話し合って決めたそうです。

 

ピアノの生演奏

基本パッケージにはCDで再生する賛美歌の伴奏は含まれていますが、ピアノの生演奏をご希望される場合には、キーボード3万円、電子ピアノ5万円、グランドピアノ20万円にてご対応させていただきます。

 

楽器の演奏は、音大卒のピアニストが行います。

茶菓・お弁当・仕出し

式の後や火葬中に、参列者の皆様とのご会食を希望される場合には、仕出し屋のお料理やお弁当を手配させていただきます。

 

カタログをご用意していますので、打ち合わせの時にお決め下さい。

柩車のグレードアップ

基本パッケージには、寝台車の料金が含まれていますが、洋型柩車へのグレードアップを希望される場合には、追加料金5万円で承ります。

 

キリスト教葬儀の寝台車や霊柩車の業者。お父上の基督教メモリアル礼拝を、息子様よりご依頼仰せつかりました。九十五歳で召天されたため、親しい友人は以前に召されているという事情のため、お身内のみでのキリスト者追悼をご依頼くださいました。お父様もご子息も、特定の教会組織には入っていないのではありますが、救い主イエス様への信仰はあり、ホームチャーチにてご家族と一緒に礼拝を捧げることがたびたびおありだったそうです。お義父さんが信仰を持って亡くなられたわけですから、ご遺族は悲しみはおありながらも、天の御国に召されたということを信じて委ねているご様子でした。

 

ご遺体の安置

もしも、故人さまが召されてから葬儀の時までご自宅に安置できない場合には、3日分までは基本パッケージの範囲内ですが、それ以降は1日につき1万円にて承ります。

その他サービス

この他にも、エンゼルケア(お化粧)、移動用のタクシーや大型バスの手配など、ご要望に応じて必要な物をご用意させていただくことができますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

キリスト教葬儀。キリスト教信仰者葬祭支援受付の火葬式は御通夜を削除します。中身は簡素ですが、聖職者が寄り添い用意します。真っ先に信奉者葬式増援窓口にお電話ください。亡くなった敷地に車にて運搬に出発します。次に、親族の方々と棺に入れることを致します。遺体を焼く場所に行って、召された方を告別します。牧師が皆さまをお導きします。故人様の地上での歩みに感謝しつつ、祈りをする時を持ちます。牧師が合っている神さまの御ことばを宣告します。召された方を荼毘に付し、想い出を分かち合います。キリスト教メモリアル礼拝支援対応の1日のお葬式は、御食事の機会を持ちます。家庭での告別式は、前夜のミサと葬儀式を執り行います。きちんとしたお花の祭壇を用意して、家族や親戚と亡き人を追悼します。司式者は皆様に寄り添いお葬式の場に行きます。一般的な葬儀は職場の同僚やご友人を呼びます。

 

 

関連ページ
→  キリスト教 火葬

 

→ 牧師派遣

 

→ キリスト教葬儀社

 

→ キリスト教葬儀

 

→ キリスト教葬儀 費用

 

キリスト教葬儀の費用 | 一都三県 特別料金プラン記事一覧

東京都でのキリスト教葬儀の費用のお見積もり(値段・代金)。「キリスト教葬儀ガイド」では、火葬式16万円、一日葬30万円、二日葬35万円の葬儀社料金(税抜)でご対応可能です。この葬儀社料金に、式場費用や火葬料金などを加える必要がありますが、ここでは大田区にある臨海斎場を例に解説させていただきます。東京都にある臨海斎場でのキリスト教葬儀費用東京都大田区にある臨海斎場でキリスト教葬儀を行う場合、税込みで...

神奈川県横浜市にある教会でのキリスト教葬儀費用。横浜市にお住まいの方より、教会堂でのキリスト教葬儀をご依頼いただきました。末期ガンで闘病中のお父様は、若い頃に北陸の教会に通っておられ、高齢になって横浜の老人施設に入ってからは教会とのつながりが無くなってしまいましたが、「葬儀はキリスト教式で行って欲しい」との願いを家族に告げられました。息子さまや娘さまは全く教会との関係が無かったので、どうしたらいい...

千葉県木更津市にある教会でのキリスト教葬儀費用。千葉県にある教会に所属されている方より、教会堂でのキリスト教葬儀のご依頼をいただきました。旦那さまからのご依頼で、奥様が先に召されました。学生時代から共にキリスト教の教会に通い、長年、ご夫婦で信仰生活をされて来られた方々で、愛着のある教会堂で告別式をしたいとのご要望でした。千葉県の教会でのキリスト教葬儀費用前夜式はせずに、教会での告別式と火葬場での火...