キリスト教葬儀ガイド|特別限定プラン

キリスト教葬儀ガイド」は、キリスト教会の現役の牧師や、キリスト教専門の葬儀社、牧師派遣会社の代表などが共同で運営をしております。

 

東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県で、キリスト教葬儀を行う場合の葬儀社や葬儀費用、葬儀式場として利用できる斎場や火葬場を、葬儀業務の経験が確かなクリスチャンのスタッフがご案内させていただくことを目的としています。

 

天国への希望と慰めに満ちたキリスト教葬儀のために、真心を込めて奉仕させていただきます。

 

東京、神奈川、千葉、埼玉という一都三県でキリスト教葬儀をするときの葬儀費用。特別限定プランをご用意させていただきました。キリスト教葬儀ガイドは、適正価格・明瞭会計をお約束します。

 

キリスト教葬儀で飾る生花祭壇のデザインや費用と値段の相場。教会員お見送り電話センターの1日での葬儀は、食事を共にする機会を設けます。家族葬は、通夜の祈りと告別式を執り行います。美しいお花の祭壇を作って、家族で逝去した方をお見送りします。聖職者はご遺族に寄り添い葬儀場に移動します。一般葬は会社の同僚やご友人を一報します。<br />
キリスト教葬儀で語られる聖書の御言葉。代表的な聖句。母上のために基督教メモリアル礼拝を、長男様よりご注文受けました。高齢であられるお母さんは、かれこれ40数年前にアメリカのチャーチで牧師に洗礼を授かったそうです。しかし、帰国してからは和の雰囲気の教会組織がしっくりこず、頻繁にチャーチに出席することは多くなかったようであります。体調が悪化して緩和ケアを受けるようになってから、葬儀はキリスト教式でやってほしいと告げられ、娘さまが親族で話し合って決めたとおっしゃられていました。
キリスト教葬儀への音楽奉仕者、奏楽者の派遣費用や料金。お母さんのためにキリスト教信仰者葬送を、長男様からご希望いただきました。85歳の母親は、およそ40年前にアメリカのバプテスト教会で水の洗礼を授かったそうです。けれども、帰国してからはジャパンのチャペルに通うことができず、さほど聖日礼拝へ通うことは多くなかったようであります。容体が悪化して病室に入ってから、最期はキリスト教式でやってほしいと願いを託され、ご子息が決めたそうです。

 

キリスト教告別式に参加した評判。お義母さんのキリスト教追悼を住宅で行いたい、というご要請をご令嬢から受けました。数年前に息を引き取った父親は熱心にチャペルへ参加されていて、母も共に礼拝をすることもしばしばあったようです。ご主人がご逝去されて、熱心に聖書の御ことばを学ぶようになったとおっしゃっていました。バプテスマを授かったわけではなく、教会に加入していたということでもないですが、お母様のために本物の牧師に祈祷していただきたいというお問い合わせをいただき、家で基督教お見送りを行わせていただきました。
キリスト教葬儀。キリスト者がお墓を建てる意義は、死者の復活の時のために保存しておくためであります。世の終末には、全人類が復活して、最後の審判を迎えるようになるというように聖書で教えられています。断じて、体と繋がりがないわけではない。イスラエルの地域にあるオリーブ山では、イエス様の再臨を迎える時に真っ先に肉体が眠った状態から復活し、携挙していただきたいと、あまたの信仰者が石の棺の中に遺体を安置して備えています。このようなバイブルの復活信仰を基に石棺に骨や肉体を埋葬するのが、クリスチャンにとっての墓石の重要な意味です。なんでか日本人の中では、キリスト教信者は墓参りをしなくなるといった先入観広く認知されていますが、聖書を信じている人はお墓の前で記念会を持ちます。

 

葬儀社料金の基本パッケージ「キリスト教葬儀ガイド」

キリスト教葬儀社の費用や値段の相場とお見積り比較。キリスト教の告別式で司会をする宗教者の紹介のみでも可能です。界隈の葬儀屋に依頼しているのだけれども、説教者は安心できる聖職者に頼みたい方へ。プロのバイオリニストによる讃美歌での葬儀。キリスト教弔いのおもな金額は、牧師や奉仕者への感謝、会堂利用金額、墓所などになります。
上記の値段は、キリスト教式での葬儀を行うために必要最低限の物をセットにしたパッケージ費用です。

 

キリスト教葬儀を行うために必要な費用は、@葬儀社料金、A式場費用、B火葬料金、C宗教者への謝礼がありますが、葬儀社料金はこの値段でご対応させていただくことができます。
キリスト教葬儀にかかる費用の詳細やお見積り、資料請求。書面での内容の確認。葬儀屋さんは、遺骸の運搬から式場の予約、お見送りの申し合わせまでみな引き受けます葬送の喪主の方は、葬祭の全てを取りまとめ、値段を支払うというきつい役割があります。弔電機能は、機能性が良く、簡便です。
キリスト教葬儀ガイドの連絡先。キリスト教式での葬儀のための電話相談、フリーダイヤル。御骨を埋葬し直したい。価格が格安な方法は?告別式サポート受付では、御墓の案内や埋葬もご協力させていただきます。日本の送葬は、とっても金額が膨らむということが知られている。

 

 

基本パッケージで施工する生花祭壇は、下記の3タイプから1つを選んでいただくことができます。

 

キリスト教葬儀の費用や値段。クリスチャン葬送電話センターの一日の葬式は、会食のプランを用意します。ファミリー葬は、前夜のミサと告別式をするプランです。確かなお花の装飾を制作して、家族や親戚と逝去した方を想い出を分かち合います。神父は皆様と共にお葬式の場に移動します。一般的な葬送は職場の仲間やフレンドを招待します。教会員の葬送で説教をする司式者の紹介だけでも可能です。付近の告別式場に会員になっているけれども、お説教はベテランの司式者に任せたいという方へ。プロのバイオリニストによる演奏。

 

キリスト教葬儀の費用や値段。キリスト教信仰者弔いの主要な料金は、司式者やピアノ奏者への謝儀、式場利用値段、共同墓地などです。葬祭屋は、遺体の搬送から斎場の申し込み、記念会の案配まですべて行います。喪主さまは、追悼の全てを指揮し、料金を用意するというきつい仕事があります。弔文サービスは、扱いやすさが良く、簡便です。キリスト教であります告別式を行いたいけれども、僧舎のお墓に埋葬できるのか?ほねを引っ越したいが、費用が格安な手段は?キリスト教弔いサポート対応では、納骨堂のご案内や改葬もお手伝いさせていただきます。

 

キリスト教葬儀の費用や値段。お葬式に使うコストが高額ので、節約したい。バブルの時世には告別式の値段に大金を用いても、今どきでは違う。葬祭業者の人員は、商業的な話し方で遺族の災難につけこんでくる。家庭の経済性の状況や信仰事情に合わせた告別式を執り行うにはどうしたらいいのか?。付加の値段が一切なしで、総合的な弔いコストを知るには?。資料を請求して、書簡で必要経費を理解してください。

 

 

火葬式で飾るお花は、下記のような花束となります。
キリスト教葬儀の火葬式で棺の上に飾る花束。御骨を引っ越したい。代金が安いやり方は?記念会援助対応では、納骨堂の見積もりや改葬もご協力させていただきます。我が国の追悼の式は、すごく費用が膨らむなので注意が必要。

 

 

キリスト教葬儀ガイドの案内窓口。クリスチャンのお葬式、告別式の相談や資料請求。電報機能は、扱いやすさが良いので、重宝します。基督教式場に葬祭を行いたいけれども、仏寺の墓地は改葬が必要か?お骨を埋葬し直したいけれども、値段が安い方法は?教会員葬礼支援対応では、納骨堂の案内やお引っ越しも支援しております。お骨を改葬したい。お値段が割安な手段は?葬式相談対応では、墓地の案内やお引っ越しもご協力させていただきます。日本でのお葬式は、とっても料金が高額ということが知られている。

 

 

追加サービス|キリスト教葬儀ガイド

ご希望に応じて、オプションサービスを承ります。

生花装飾の追加

棺の上にお飾りする花束を、十字架花や棺の中をいっぱいにするタイプへ変更することも可能でございます。

 

+1万5千円

基督教葬礼についての口コミ。お母様のキリスト教葬儀を邸宅にて施工して欲しい、とのご要望を御令息よりお聞きしました。先に亡くなった父上は熱心に礼拝に行かれていて、お義母さんも同伴してチャペルに行くことも何度もあったようです。旦那さまがご逝去されて、よく御言葉を読むようになったようです。牧師に洗礼を受けたわけではなく、宗教組織に所属していたわけでもないですけれども、母上のために本物の聖職者にお祈りして欲しいというご要望を受け、実家にてキリスト教信仰者葬式を開催させていただきました。

+3万円

キリスト教葬儀。母上のためにクリスチャンメモリアル礼拝を、娘よりご依頼仰せつかりました。ご年配であるマザーは、約四十数年前に米国の教会でバプテスマを受けたそうです。だけれど、帰国してからは和の雰囲気のチャーチに馴染めず、さほど礼拝へ出席することは多くなかったそうです。コンディションが悪くなって病室に入ってから、最期はキリスト教葬儀をやってもらいたいと言われ、ご長男様が決めたそうです。

 

生花祭壇のデザイン変更

生花祭壇のデザインをご変更されたい場合には、ご希望に応じて様々なデザインの生花祭壇をご用意させていただくことができます。

 

+10万円

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。お義父さんのキリスト教信仰者葬祭を、御令息よりご依頼仰せつかりました。九十五才で召天されたため、姉や妹様はもう亡くなっているという事情のため、身内だけでのクリスチャンメモリアル礼拝をご要望くださいました。お父上もご遺族も、特定のチャーチへは所属していないのではありますが、神さまへの信仰はあり、ホームにてお身内と心を合わせて聖日礼拝行うことがいくえにもおありだったようです。お義父さんが天に召されるのを信じてご逝去されたということで、ご家族は痛みはおありながらも、天の御国に召されたということを信じて安心しているようでした。

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。キリスト教葬祭援助受付の火葬だけの式は前夜式を省略します。中身は短いですが、牧師が大切にして働きます。最初にキリスト教信仰者葬礼援助センターにご連絡ください。亡くなった地域に霊柩車で運搬に伺います。次に、関係者の皆様とともに棺に納めることをさせていただきます。火葬する場所に移って、召された方を追悼します。司式者が関係者をお導きします。

 

 

+15万円

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。逝去した方の歩みに感謝し、祈祷をする時を持ちます。牧師が的確な聖書の聖句をメッセージします。召された方を火葬して、偲びます。基督教葬式サポートセンターの1日のお葬式は、食事を共にする機会を設けます。ファミリーでのお葬式は、お通夜と葬礼を行います。華麗な生花装飾を作って、親族と共に亡き人をお送りします。

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。聖職者はご家族と共に火葬場に移動します。一般的な葬礼は職場の上司や友朋をお招きします。キリスト者の追悼で御言葉を宣言する神父の紹介のみでも大丈夫です。近くの葬儀社に申請しているのだけど、司式はしっかりとした宗教者に任せたいというご遺族に。

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。キリスト教信仰者葬礼のメインとなる代金は、聖職者やオルガン奏者への感謝、施設活用値段、お墓であります。葬儀屋さんは、亡骸の運搬から斎場の用意、記念会の配置までみな請け負います。施工主は、弔いの全てをまとめ、必要経費を受け持つという重責のある役割があります。弔電機能は、機能性が良く、重宝します。キリスト者の葬送を希望だが、お寺さんのはかは改葬が必要か?ほねを移したいが、価格が少ない仕方は?キリスト教告別式援助受付では、おはかのお見送りお引っ越しも支援しております。

 

 

+20万円

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。ほねを埋葬し直したい。値段が格安な手段は?追悼相談センターでは、共同墓地の案内や建立もサポートしております。我が国の葬儀は、とっても値段が嵩むなので知れ渡っている。
<p>

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。葬送に必要な代金が高いから弔い式に節減したい。バブルの時には弔い式の代金に高額料金を使っても、近頃では違う。葬儀業者のスタッフは、商売の対話方法で私たちの災難につけこんでくる。所帯のお財布の状況や宗教事情に合わせた葬儀を行うには何をすればいいのか?。オプションのお金が要らない、トータルの葬礼代金を確かめるには?。企業情報を請求して、書面で見積もりを確認してください。

 

 

+24万円

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。教会員葬礼に参加した感想。母親のためのキリスト教メモリアル礼拝を住居で行いたい、とのご注文を長男様からいただきました。数年前に息を引き取った父親はこよなく礼拝へ行っていて、母親もご一緒にチャペルに行くことも何度もあったようです。ハズバンドがご逝去されて、熱心に御言葉を学ぶようになったとお聞きしました。牧師に洗礼を授かったわけではなく、教会に属していたということでもありませんが、母君のために本物の神父にお祈りしていただきたいというご要請を受け、家にて教会員メモリアル礼拝を開催させていただきました。
<p>

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。母君のキリスト者葬礼を、長男様からご依頼いただきました。ご年配でおられる母君は、ほぼ40年前に米国で牧師から洗礼を授かったそうです。だけど、帰国後は和の雰囲気のチャペルに通うことができず、さほどチャーチへ参加することは多くなかったそうです。コンディションを崩してターミナルケアを受けるようになってから、万が一の時にはキリスト教式でやってほしいと告げられ、息子様がご遺族で話し合って決めたようです。

 

 

+30万円

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。父上のためにクリスチャン告別式を、息子様よりご依頼受けました。九十五才で亡くなったため、御兄弟は以前に召天されているので、身内のみでのキリスト者メモリアル礼拝をご依頼くださいました。ご本人もご一家も、地域の宗教団体へは所属していないのではありますが、信仰心はおありで、ご自宅にてお身内と心を合わせてお祈りを捧げることがたびたびあったようです。ファザーが信仰を抱いて亡くなられたわけですから、喪主さまたちは哀しみはおありながらも、天国に召されたということを確実に信じているようでした。

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。キリスト者葬礼窓口センターの火葬式はお通夜を省略します。内容は簡素ではありますが、聖職者が大切にして仕えます。まずはキリスト教葬式サポート窓口にお問い合わせください。召された敷地に運搬車で輸送に参ります。次に、家族の方々で納棺を致します。斎場に移動して、亡き人をお送りします。奉仕者がご遺族を道案内します。

 

キリスト教葬儀の生花祭壇デザインや費用と注文。故人の生涯に感謝し、祈祷を捧げる時を持ちます。牧師が相応しいバイブルのことばを告げ知らせます。亡き人を火葬して、想い出を分かち合います。クリスチャン葬式電話センターの1日葬は、御食事のプランを用意します。家族葬は、前夜のミサと葬送の式を執り行います。しっかりとした生花装飾を用意して、家族や親戚と故人を思い出を語ります。牧師は皆様に寄り添い告別の場に行きます。

 

キリスト教葬儀の連絡先やお見積り、資料請求。一般的な葬儀は会社の仲間や友人を参列者に呼びます。教会員のメモリアル礼拝でメッセージする奉仕者の依頼のみでも可能です。近隣の葬式会場に申請しているのだけど、司式者は信頼の置ける司祭に頼みたいというご遺族に。ベテランの演奏者による音楽のお葬式。キリスト教信仰者葬祭の重要な値段は、牧師やオルガン奏者への感謝、会堂活用料金、墓石ということになります。葬儀業者は、亡骸の運送から葬祭場の申し込み、記念会の段取りまでみな行います。喪主の方は、追悼の全部を用意し、費用を葬送のという重責のある務めがあります。

 

ピアノの生演奏

基本パッケージにはCDで再生する賛美歌の伴奏は含まれていますが、ピアノの生演奏をご希望される場合には、キーボード3万円、電子ピアノ5万円、グランドピアノ20万円にてご対応させていただきます。

 

楽器の演奏は、音大卒のピアニストが行います。

茶菓・お弁当・仕出し

式の後や火葬中に、参列者の皆様とのご会食を希望される場合には、仕出し屋のお料理やお弁当を手配させていただきます。

 

カタログをご用意していますので、打ち合わせの時にお決め下さい。

柩車のグレードアップ

基本パッケージには、寝台車の料金が含まれていますが、洋型柩車へのグレードアップを希望される場合には、追加料金5万円で承ります。

 

キリスト教葬儀のための寝台車や霊柩車の手配。料金や金額と連絡先情報。葬礼の儀式に使う金額が高いので弔い式に困る。バブルの時代には葬送のコストに沢山を払っても、現在では変わった。葬儀屋の人員は、企業の会話で遺族の不運に割り込んでくる。自分の経済の状態や宗教事由に合わせた弔い式を執り行うには何をすればいいのか?。追加の必要経費が要らない、全体の葬祭コストを確認するには?。資料を請求して、書簡でかかる金額を確かめてください。<br />

 

ご遺体の安置

もしも、故人さまが召されてから葬儀の時までご自宅に安置できない場合には、3日分までは基本パッケージの範囲内ですが、それ以降は1日につき1万円の安置料金にて承ります。また、ドライアイス交換費用は、1日につき7千円となります。

その他サービス

この他にも、エンゼルケア(お化粧)、移動用のタクシーや大型バスの手配など、ご要望に応じて必要な物をご用意させていただくことができますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

キリスト教葬儀ができる式場(斎場・セレモニーホール)

キリスト教式での葬儀をする場合の式場は、@教会の会堂、A葬儀社の式場、B公営斎場、C民営の貸しホール、D自宅、という5つのタイプがあります。

 

都市部では、教会が会堂を所有せずにビルの一室をレンタルして礼拝スペースにしていることも多いですので、そこでできない場合には民営や公営のセレモニーホール、あるいはご自宅でキリスト教葬儀を行います。

 

ご希望の地域や人数に合わせて、柔軟にご対応させていただきます。

 

運営者情報

キリスト教葬儀社

 

 

関連ページ
→ キリスト教葬儀 費用

 

→ キリスト教 火葬

 

→ 牧師派遣